メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

「賃金上昇」議論すれ違い 野党「アベノミクス偽装」 政府反論「仕事は増えている」

 厚生労働省が公表する「毎月勤労統計」の不正をめぐり、野党は5日の衆院予算委員会で、政府が賃金上昇をより高く見せる「アベノミクス偽装」を行ったと追及し、反論する政府側と応酬を繰り広げた。野党側は統計不正に関わったとして更迭された厚労省の前政策統括官の予算委出席を求めるが、「守り」を固める与党は認めていない。【大久保渉、影山哲也】

 5日の衆院予算委員会では、実質賃金の「参考値」が争点の一つになった。毎月勤労統計では、集計方法の不正とは別に2018年1月に調査対象事業所の一部の入れ替えが行われたが、厚生労働省は統計の連続性を確保するため、17、18両年で入れ替わらなかった事業所だけを抽出して参考値を作成した。ただ参考値を公表しているのは名目賃金だけ。名目賃金から物価変動の影響を除いた実質賃金では公表していない。

この記事は有料記事です。

残り1868文字(全文2226文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. ORICON NEWS 『バイオハザード』新作アニメ制作決定、Netflixで来年配信 フル3DCGで初の連続CGドラマ化

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  5. 新型コロナ、感染しやすさに地域・民族差なし 遺伝子レベル分析 北大研究チーム

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです