メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

NHK常時同時配信

中村伊知哉氏

 NHKがテレビ番組をインターネットで常時同時配信するための放送法改正案が開会中の通常国会に提出される。ネットに事業拡大を図るNHKにとっては悲願の実現だが、民放は「民業圧迫だ」と反発しており、特に民放地方局への打撃が懸念されている。常時同時配信がテレビ放送に及ぼす影響や、今後の課題は。

転換恐れず「次」の議論を 中村伊知哉 慶応大教授

 日本でインターネット常時同時配信がいまだに実施されていないという状況自体が不思議だ。「通信・放送の融合」という言葉が初めて政府の議論の俎上(そじょう)に載ったのが1992年の電気通信審議会だった。海外で英国の公共放送BBCが2008年に常時同時配信を開始し、日本国内でもラジオ番組のネット配信サービス「radiko」(ラジコ)が10年に本配信を開始した。それらを踏まえると、テレビ番組の常時同時配信の道筋が付いてきた今日まで、長い時間がかかったという印象だ。

 裏を返せば、テレビ放送がビジネス構造を変えなくても安泰だったことを意味する。しかし、今や若者を中心…

この記事は有料記事です。

残り4057文字(全文4505文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです