メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

攻撃的装備導入する新防衛大綱 敵基地報復認めるか議論を=秋山信一(政治部)

 政府が敵基地攻撃に転用できる装備の導入を進めている。昨年12月に改定した「防衛計画の大綱」に沿って今後10年で導入する装備を並べると、自衛隊の能力が「盾=防御・迎撃」にとどまらず、米軍に任せてきた「矛=報復(敵基地)攻撃」に及ぶ時代を予感させる。軍拡を続ける中国への備え、そして同盟国に負担増を求める米国への答えだと感じている。

 攻撃的な新装備の導入が「専守防衛に反する」という批判は少し性急だと思う。ヘリコプター搭載型護衛艦の…

この記事は有料記事です。

残り1791文字(全文2006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです