メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「IS」戦闘員引き取り要請 出身国に 1100人、拘束維持難しく

 【ワシントン会川晴之】米国務省は4日、シリアで拘束した過激派組織「イスラム国」(IS)の外国人戦闘員を、出身国が引き取るよう要請する声明を発表した。シリアで米軍とともにIS掃討の主力部隊を担ったクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)は、最大で3000人のIS戦闘員を拘束しているとされているが、米軍のシリア撤収決定に伴い、戦闘員の拘束維持が難しい状況になっている。

 トランプ米大統領は昨年12月、「ISを打倒した」としてシリアに派遣する約2000人の米兵を撤退させ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです