メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19春闘

労使トップ「賃上げ必要」 具体的手法で隔たり

 経団連の中西宏明会長と連合の神津里季生会長が5日東京都内で会談し、2019年春闘が本格始動した。賃上げの必要性や企業間の格差是正などの課題認識では一致した労使トップだが、具体的な賃上げ手法などを巡っては見解が異なり、両者の立場の違いが改めて浮き彫りになった。【横山三加子】

 「引き続き月例賃金はど真ん中でこだわる」。経団連との会談後に報道陣の取材に応じた連合の神津会長は、春闘の最大の関心事である賃上げについて原則論を繰り返した。背景にあるのは賃上げの恩恵が一部の大企業に偏り、中小企業や地方企業などを含めた日本全体に波及していないとの危機感だ。連合としては基本給を底上げするベースアップ(ベア)を含み、安定的な要素の強い月給に当たる月例賃金の賃上げを求める。

 自動車総連がベアの統一要求を掲げず、トヨタ自動車労働組合もベア要求額を示さなくなるなど、労組側はベ…

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1191文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです