メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨大IT企業

GAFA、高成長に陰り 規制強化、業績に影響 10~12月

 GAFAと呼ばれる米IT大手の2018年10~12月期決算が出そろった。スマートフォン製造販売を主力とするアップルが9四半期ぶりの減収減益となった一方で、アマゾン・コムは過去最高益を更新。グーグル、フェイスブックも広告収入を中心に好業績を上げた。ただ、競争の激化や市場の成熟化で成長の鈍化が目立ち始めたほか、世界的に規制強化の流れが強まっており、今後の業績に少なからず影響を及ぼしそうだ。【今村茜、岡大介】

 グーグルの持ち株会社アルファベットが4日発表した18年10~12月期決算は、売上高が前年同期比22…

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文1847文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです