メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

二岡康平さん=別府大分毎日マラソンで日本人トップの4位

二岡康平さん

 テープを切った瞬間、笑顔はなかった。3日の別府大分毎日マラソンで日本人トップの4位。目標だった東京五輪代表選考会の出場権を手にしたにもかかわらずだ。「本当はうれしかった」。どんな表情をすればいいか、分からなかった。

 鳥取中央育英高では全国高校駅伝にも出場し、県内ではトップクラスの実力者だった。しかし、進学した駒大では「一番下だった」。一つ上には、後に世界選手権代表にもなった村山謙太(現旭化成)ら有名選手がずらり。「ライバル意識すらなかった。自分の力ではどうしようもないなと」。4年生で箱根駅伝を初めて走ったが、満足感は得られなかった。

 中電工に入社後も周りの選手を見て、「だめかな」と思ったという。そんな自分を変えようと、約1年前からメンタルトレーナーの元に通った。マラソン練習では、40キロ走をした翌日にトラックで1万メートル走るきついメニューを自ら考案。コーチには「こんな練習をするやつはいない」と驚かれながらも続けた。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです