メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

辺野古「3択」県民投票 混乱招く?「どちらでもない」 「政策選択になじまない」

国による埋め立てが進む沖縄県名護市辺野古沿岸部=1月28日午後4時46分、本社機「希望」から尾籠章裕撮影

 <access>

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題で、名護市辺野古沿岸部の埋め立ての是非を問う県民投票は賛成・反対に「どちらでもない」を加えた3択としたことで、全41市町村で24日に実施されることになった。賛否を明確にしない選択肢の問題点と影響を考えた。【佐藤丈一、遠藤孝康】

 県民投票条例は昨年10月、住民の直接請求に基づき、賛成・反対の2択形式で可決された。県政野党の自民党は「やむを得ない」などを加えた修正案を提案したが、与党は「民意があいまいになる」と反対し、否決された。これに対し、沖縄市など5市が不参加を表明。「マルかバツかの二者択一を迫るのは乱暴だ」(桑江朝千夫(さちお)市長)と批判した。

 県議会は多くの有権者が投票できない事態を避けるため「どちらでもない」を加えた3択とする改正条例を可…

この記事は有料記事です。

残り1155文字(全文1515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです