メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

膵臓がん

切除前に抗がん剤「生存期間延びる」 東北大研究

 膵臓(すいぞう)がんを切除する前に抗がん剤を投与することによって、今の標準的な治療法よりも患者の生存期間が平均で約10カ月長くなったとの研究結果を東北大のチームが発表した。

 切除可能ながんは、なるべく早期に手術するという考えが一般的だが、結果を受けて、日本膵臓学会の診療ガイドラインで推奨される見通しになったという。同大は「厳しい生存率で知られる膵臓がんの治療成績の向上につながる」と期待している。

 膵臓がんの3年生存率は約15%で、主要ながんの中で最も厳しいことで知られる。自覚症状が出にくいため…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです