メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保育所入所

統計不正の影響、保育行政にも 厚労省ドタバタで人不足 「落選希望」対応遅れる

 育児休業延長に必要な書類を得るため「落選希望」の保育所の入所申し込みが増えている問題で、保護者の意向を踏まえた新たな対応を認める通知を厚生労働省が自治体に出す手続きが遅れている。本来、1月中に通知するはずだったが、統計不正調査への対応に省内の職員がかき集められ、業務に当たるべき職員が減ったためだ。一方、「これでは対応できない」と自治体の間で困惑が広がっている。

 自治体が行う認可保育所の入所選考について厚労省は昨年末、保護者が育休延長を望んでいる場合は入所の優…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 未消化の有給休暇、どうか成仏して…大阪で「供養」イベント

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. 訪日外国人「2030年に6000万人」の“リスク”

  5. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです