保育所入所

統計不正の影響、保育行政にも 厚労省ドタバタで人不足 「落選希望」対応遅れる

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 育児休業延長に必要な書類を得るため「落選希望」の保育所の入所申し込みが増えている問題で、保護者の意向を踏まえた新たな対応を認める通知を厚生労働省が自治体に出す手続きが遅れている。本来、1月中に通知するはずだったが、統計不正調査への対応に省内の職員がかき集められ、業務に当たるべき職員が減ったためだ。一方、「これでは対応できない」と自治体の間で困惑が広がっている。

 自治体が行う認可保育所の入所選考について厚労省は昨年末、保護者が育休延長を望んでいる場合は入所の優先順位を下げることを認める対応策を決めた。育児・介護休業法に基づく育休は「子どもが1歳になるまで」が原則だが、保育所に入れなかった場合は2歳まで延長できるため、「落選」を希望しながら形式的に申し込む保護者が増加。入所選考に支障が生じているとして地方自治体が国に制度の改正を求め、厚労省は1月中に新たな…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文674文字)

あわせて読みたい

注目の特集