メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
山は博物館

それは戦時下だった/11 本土決戦目前、三原山に陣地

展望台から見る三原山。戦争中、多くの陣地が構築されていた=東京都大島町で、荒木涼子撮影

 太平洋戦争末期、米軍が小笠原諸島から伊豆諸島へと北上し、日本本土に上陸するのは時間の問題だった。日本軍は両諸島の防衛を強化。最北のとりで・伊豆大島では、住民を動員して三原山(758メートル)の陣地構築を急ぎ、戦闘の足手まといになる子供や老人は本土に疎開させた。敵は小笠原の硫黄島を落とし、いよいよ迫ってきた。

 大島は周囲約52キロ。東京港まで100キロ余りしかない。日本軍の本格的な展開が始まったのは1943…

この記事は有料記事です。

残り2016文字(全文2221文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  4. 桃田、西本、常山ら順当に2回戦へ 世界バドミントン開幕

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです