メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『フケ声がいやなら「声筋」を鍛えなさい』 渡辺雄介さん

 (晶文社・1296円)

健やかな声で創造的な生活

 「つやのある声でよりよい人生を」と山王病院(東京都港区)東京ボイスセンター長の渡辺雄介医師がこの冬、初の著書「フケ声がいやなら『声筋(こえきん)』を鍛えなさい」を刊行した。声やのどの健康を保つための手引書だ。【明珍美紀】

 「高齢社会を生きるうえで、健康と長寿のカギは、声筋が握っている」と渡辺医師は説く。

 声筋は、のどの奥の気道の入り口にあり、体の中でもっとも小さい筋肉群の一つ。働きは声を出すだけではな…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1080文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです