メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

スポーツと顔面骨折=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

 骨折の治療は整形外科が担当すると思っておられる方が多いでしょう。

 確かに肩や腕、腰、背骨など運動機能に大きな問題が生じる骨折は、整形外科の専門分野です。

 しかし、カタチの総合医である形成外科が専門とする骨折もあります。その代表が顔の骨の骨折です。顔つきや目つきなど、見た目の問題に配慮しながら治療を進める必要があるからです。

 今年はラグビーのワールドカップ(W杯)、来年は東京五輪が開催されるなど日本のスポーツ界は盛り上がり…

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 道端アンジェリカさん、恐喝容疑で書類送検 逮捕の夫と同席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです