メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

甲状腺に「のう胞」対応は=答える人・伊藤公一院長(伊藤病院 甲状腺疾患)

 Q 甲状腺に「のう胞」対応は

 甲状腺の検査で「のう胞」が見つかりました。バセドウ病などの心配はなく、医師からは「必ずがんになるわけではない」とも説明されました。このまま経過観察でよいのでしょうか。(大阪市、女性、73歳)

 A 定期的な検査が大切

 甲状腺はのどの下にあり、代謝に関わるホルモンを分泌します。甲状腺機能に異常が起こりホルモン分泌が過剰になると、動悸(どうき)が激しくなり疲れやすいバセドウ病など、不足するとむくんだり皮膚が乾燥したりする橋本病などの病気を起こします。その他、甲状腺の機能には異常がないものの、腫れやしこりができる形の異常もあります。

 形の異常の多くは転移しない良性の腫瘍です。中でも甲状腺に袋ができ、血液や体内の水分がたまった状態が…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです