メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

甲状腺に「のう胞」対応は=答える人・伊藤公一院長(伊藤病院 甲状腺疾患)

 Q 甲状腺に「のう胞」対応は

 甲状腺の検査で「のう胞」が見つかりました。バセドウ病などの心配はなく、医師からは「必ずがんになるわけではない」とも説明されました。このまま経過観察でよいのでしょうか。(大阪市、女性、73歳)

 A 定期的な検査が大切

 甲状腺はのどの下にあり、代謝に関わるホルモンを分泌します。甲状腺機能に異常が起こりホルモン分泌が過剰になると、動悸(どうき)が激しくなり疲れやすいバセドウ病など、不足するとむくんだり皮膚が乾燥したりする橋本病などの病気を起こします。その他、甲状腺の機能には異常がないものの、腫れやしこりができる形の異常もあります。

 形の異常の多くは転移しない良性の腫瘍です。中でも甲状腺に袋ができ、血液や体内の水分がたまった状態が…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです