メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米地位協定 外務省、ホームページから説明の一部削除 国内法不適用の根拠

日米地位協定に関する外務省の説明

 河野太郎外相は6日の参院予算委員会で、1960年の発効から一度も改定されていない日米地位協定に関する外務省ホームページ(HP)の説明を変更したことを明らかにした。在日米軍に日本の国内法が適用されない根拠について、従来挙げていた「国際法」の表記を先月、削除した。ただ、河野氏は「政府の考え方に変更はない」と強調。国民民主党の大塚耕平氏は米軍にも国内法を順守させるよう求めた。

 外務省が説明を変更したのは同省HP内の「日米地位協定Q&A」の一部。従来は在日米軍に対し「一般国際法上、特別の取り決めがない限り、適用されず」としていたが、先月11日以降は「一般に、個別の取り決めがない限り、受け入れ国の法令の執行や裁判権等から免除される」とした。

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文1068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです