メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

株安で今期の業績見通しをトヨタが下方修正 中国・欧州販売増も北米は苦戦

記者会見で決算を発表するトヨタ自動車の友山茂樹副社長(右)と白柳正義執行役員=東京都文京区で2019年2月6日午後2時8分、渡部直樹撮影

 トヨタ自動車は6日、2019年3月期連結決算(米国会計基準)の業績予想を下方修正し、最終(当期)利益は従来の2兆3000億円から1兆8700億円になると発表した。提携するKDDIやSUBARU(スバル)などの株価下落で、保有株で3100億円の評価損を計上したのが主因。一方、中国や欧州の販売増が続いており、売上高(29兆5000億円)や本業のもうけを示す営業利益(2兆4000億円)の見通しは維持した。

 トヨタが同日発表した18年4~12月期連結決算は、売上高が前年同期比3.1%増の22兆4755億円…

この記事は有料記事です。

残り1142文字(全文1394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 21世紀枠は帯広農、磐城、平田 第92回選抜高校野球

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです