メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豚コレラ 5府県に拡大 農相「きわめて重大な局面」

 農林水産省は6日、愛知県の養豚場の豚で家畜伝染病「豚コレラ」の感染が確認されたと発表した。さらに、この養豚場から出荷した長野、滋賀、岐阜、大阪の4府県の養豚場の子豚からも陽性反応が出た。豚コレラは昨年9月、国内では26年ぶりに岐阜県内で感染が確認されたが、岐阜県以外の養豚場での確認は初めて。

 農水省は6日早朝、対策本部の会議を開催。吉川貴盛農相は豚コレラの感染拡大について、「きわめて重大な局面を迎えている。何としてもこれ以上の感染拡大を防がなければならない。農水省が前面に出て対策を徹底したい」と述べた。

 農水省によると、愛知県豊田市の養豚場は今年1~2月、長野、滋賀、岐阜、三重、大阪の5府県の養豚場に子豚を出荷。出荷先を調べたところ、豚コレラの症状が複数確認されたため、三重県以外の養豚場で飼育する全7600頭の殺処分を始めた。現時点では周辺の養豚場や野生イノシシへの感染は確認されていない。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  2. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  3. GoToトラベル、東京除外 都発着旅行や在住者 国交相、運用見直し表明

  4. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  5. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです