父「教員からもいじめ、つらかっただろう」 山口・周南高2自殺で会見

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 山口県周南市で2016年に県立高校2年の男子生徒(当時17歳)が自殺した問題で、第三者委員会の「県いじめ調査検証委員会」から最終報告書を受け取った両親が6日、山口県庁で代理人の石田達也弁護士と共に記者会見した。母親は「息子に寄り添った調査をしてもらった」と再調査から1年越しの思いを語った。

 検証委は、同級生らの「いじめ」に加え、…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文386文字)

あわせて読みたい

注目の特集