メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

新幹線並み 台風21号、暴風70メートル 大阪・難波のビル街

台風21号の際、大阪市で発生した暴風のシミュレーション結果

 昨年9月、台風21号が日本列島を縦断した際、大阪市中心部の市街地で秒速70メートル近い暴風が吹いていた可能性があることが分かった。京都大のチームがスーパーコンピューターを使った分析で明らかにした。JR難波駅(浪速区湊町)周辺の高層ビル街や、御堂筋など市内を南北に走る大通りで特に風が強かったという。

 台風21号は昨年9月4日午後、非常に強い勢力を保ったまま近畿地方を北北東へ縦断した。気象庁の記録計では、大阪市中央区で最大瞬間風速47・4メートル、関西国際空港で同58・1メートルを観測。空港連絡橋がタンカーの衝突で破損するなど各地で大きな被害が出た。

 竹見哲也・京大准教授(気象学)らのチームは、ビルが建ち並ぶ中心市街地ではさらに強い突風が吹いた可能…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文700文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎「今が一番充実してる」 目標問われ「テレビのお仕事も…」

  2. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです