メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新幹線並み 台風21号、暴風70メートル 大阪・難波のビル街

台風21号の際、大阪市で発生した暴風のシミュレーション結果

 昨年9月、台風21号が日本列島を縦断した際、大阪市中心部の市街地で秒速70メートル近い暴風が吹いていた可能性があることが分かった。京都大のチームがスーパーコンピューターを使った分析で明らかにした。JR難波駅(浪速区湊町)周辺の高層ビル街や、御堂筋など市内を南北に走る大通りで特に風が強かったという。

 台風21号は昨年9月4日午後、非常に強い勢力を保ったまま近畿地方を北北東へ縦断した。気象庁の記録計では、大阪市中央区で最大瞬間風速47・4メートル、関西国際空港で同58・1メートルを観測。空港連絡橋がタンカーの衝突で破損するなど各地で大きな被害が出た。

 竹見哲也・京大准教授(気象学)らのチームは、ビルが建ち並ぶ中心市街地ではさらに強い突風が吹いた可能性があるとみて、独自開発した気流解析ソフトに同市中心部(南北3キロ、東西2キロ)の建物の高さなどのデータを組み込み、風の様子を三次元で再現した。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ、都内で感染者68人確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです