メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工藤会トップの出廷認めず 民事訴訟で福岡拘置所「警備体制取れない」

 特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)が関与したとされる一般人襲撃事件の被害者が同会トップの野村悟被告(72)=殺人罪などで起訴=らに損害賠償を求めた福岡地裁の訴訟で、福岡拘置所が被告の出廷を許可しなかったことが、明らかになった。野村被告は出廷を求めたが、拘置所は「警備体制が取れない」と判断した。

 関係者によると、請求棄却を求める被告は「自分の口で主張したい」として、勾留されている福岡拘置所に出…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 慶大アメフット部を事実上の降格処分 関東学生連盟 部員の不適切行為で

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 大学アメフット界またも…慶大部員、女子風呂“悪質”盗撮…無期限の活動自粛(スポニチ)

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです