メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工藤会トップの出廷認めず 民事訴訟で福岡拘置所「警備体制取れない」

 特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)が関与したとされる一般人襲撃事件の被害者が同会トップの野村悟被告(72)=殺人罪などで起訴=らに損害賠償を求めた福岡地裁の訴訟で、福岡拘置所が被告の出廷を許可しなかったことが、明らかになった。野村被告は出廷を求めたが、拘置所は「警備体制が取れない」と判断した。

 関係者によると、請求棄却を求める被告は「自分の口で主張したい」として、勾留されている福岡拘置所に出…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです