メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脂肪の代謝異常が鍵か 「もやもや病」遺伝子の働き解明 京産大などのグループ発表

 日本や中国など東アジア人に多い脳の難病「もやもや病」に関わる遺伝子が、細胞内で脂肪を蓄える働きをしていることを突き止めたと京都産業大などの研究グループが発表した。同病は原因不明で、これまで脂質の代謝との関係性は注目されていなかった。グループは「代謝バランスが崩れ、病気が引き起こされている可能性がある」としている。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです