メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ウイルスどこから…」豚コレラに近隣住民、不安の声 愛知などで殺処分始まる

豚コレラが確認された養豚場から豚を運び出す関係者ら=愛知県豊田市で2019年2月6日午後1時4分、大西岳彦撮影

 愛知県豊田市の養豚場で豚(とん)コレラが発生し出荷先の4府県にも感染が拡大した問題で、東海地方では6日、愛知、岐阜両県で約1万2500頭を超える殺処分が始まった。

 処分対象となったのは、豊田市の養豚場(6640頭)と愛知県田原市の関連農場(約1600頭)、この養豚場から豚を仕入れていた岐阜県恵那市の養豚場(約4300頭)。

 このうち豊田市の養豚場では6日早朝から周辺が立ち入り禁止となり、白い防護服を着た県職員や自衛隊員らがバスに乗って到着した。ショベルカー数台で埋却用の穴を掘る作業が始まると、周囲は物々しい雰囲気に。作業は夜まで続いた。処分は24時間態勢で9日まで続く見通し。

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです