メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

専門家「まだ始まりに過ぎない」 より深刻な「アフリカ豚コレラ」侵入可能性も

豚コレラが確認された養豚場で殺処分の作業をする関係者ら=滋賀県近江八幡市で2019年2月6日午後3時27分、本社ヘリから望月亮一撮影

 豚やイノシシに感染する家畜伝染病「豚(とん)コレラ」は6日、岐阜、愛知、長野、滋賀、大阪の5府県の養豚場で感染が確認される「重大な局面」(吉川貴盛農相)に至った。政府は昨年9月に岐阜県で感染が確認されて以降、ウイルス拡散防止に躍起になってきたが封じ込めに失敗した形だ。今回は移動制限の発出遅れという人為ミスが感染を拡大させた可能性も浮上。終息の見通しは立っていない。

この記事は有料記事です。

残り1754文字(全文1938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. 「ピーク越え?」「局地的には厳しい」「ワクチン評価まだ」 専門家も戸惑うコロナの不思議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです