専門家「まだ始まりに過ぎない」 より深刻な「アフリカ豚コレラ」侵入可能性も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
豚コレラが確認された養豚場で殺処分の作業をする関係者ら=滋賀県近江八幡市で2019年2月6日午後3時27分、本社ヘリから望月亮一撮影
豚コレラが確認された養豚場で殺処分の作業をする関係者ら=滋賀県近江八幡市で2019年2月6日午後3時27分、本社ヘリから望月亮一撮影

 豚やイノシシに感染する家畜伝染病「豚(とん)コレラ」は6日、岐阜、愛知、長野、滋賀、大阪の5府県の養豚場で感染が確認される「重大な局面」(吉川貴盛農相)に至った。政府は昨年9月に岐阜県で感染が確認されて以降、ウイルス拡散防止に躍起になってきたが封じ込めに失敗した形だ。今回は移動制限の発出遅れという人為ミスが感染を拡大させた可能性も浮上。終息の見通しは立っていない。

この記事は有料記事です。

残り1754文字(全文1938文字)

あわせて読みたい

注目の特集