メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渋滞緩和を目的「ロードプライシング」国内初導入 東京五輪・パラリンピック

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は6日、東京都内で有識者を交えた「交通輸送技術検討会」を開き、渋滞緩和のため大会期間中に首都高速道路の料金を上げることを確認した。渋滞緩和のために料金を調整する「ロードプライシング」の導入は国内初めてで、制度設計に向けた具体的協議に入った。

 検討会では、都市活動への影響を考慮し、物流車両は対象外とすることにした。対象区間、時間帯、…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 容疑でベトナム人4人逮捕 伊香保の旅館
  2. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず
  3. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  4. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  5. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです