メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019年は「広告市場バブル」だ!

 2019年は「バブル」で幕開けした。

 築地から移転して、初めて正月を迎えた豊洲市場の初セリ。青森・大間町産の278キロの本マグロが、史上最高値の3億3360万円(1キロ当たり120万円)で落札された。これまでの最高値1億5540万円の2倍を上回る価格。バブルもバブルも「超バブル」だ。

 この本マグロは1万5000貫分になったそうだが、単純計算すると1貫当たり約2万2000円。落札した「すしチェーン・すしざんまい」は、これを通常価格(大トロ398円、中トロ298円、赤身158円)で販売したから赤字も赤字、超赤字だ。

この記事は有料記事です。

残り2265文字(全文2541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです