メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

持続可能社会 コーヒービジネスで生産地の生活向上を

生産者に生豆の選別などをアドバイスする加藤和明さん(左)=ルワンダ・カリシンビのコーヒーウォッシングステーションで(ストーリーライン提供)

環境保全と格差解消へ 消費大国・日本で取り組み

 挽(ひ)き立ての豆がもたらす豊かな香り。コーヒーの消費大国である日本で「持続可能なコーヒー」を普及させる取り組みが進んでいる。地球環境の保全や南北間の格差解消が課題となるなか、コーヒー豆の品質の向上と生産者の生活改善を目指す動きを追った。

 「コーヒーでつながるサスティナブル(持続可能)な物語を伝えたい」と語るのは、アフリカ・ルワンダ産のコーヒー豆の輸入・販売を手がける「ストーリーライン」代表の加藤和明さん(42)。昨年7月に同社を設立し、ルワンダの女性起業家、イミー・カマラデさんとの協業で、技術教育やインフラ整備などの指導をしながらコーヒービジネスを推進している。

 ルワンダは農業が主体で、その多くは小規模な家族経営の農園だ。けれども、収穫した農産物に対して業者と…

この記事は有料記事です。

残り1894文字(全文2253文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  5. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです