メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

ポルシェだけじゃない! RRレイアウトを採用した超激レアな国産車4選+α

情報提供:カートップ

ポルシェだけじゃない! RRレイアウトを採用した超激レアな国産車4選+α

運動性能はもちろんドライバーの負担軽減にも貢献した

 クルマというのは、動力源があって、駆動系を介して車輪に力を伝えて動く。動力源と駆動輪の位置で駆動方式が決まるのだが、現在ポピュラーなのがFFと4WDだろう。逆にレアな存在になっているのがRRで、新車で購入できるのはポルシェ、そしてシャシーを同じくするメルセデス・ベンツのスマートとルノーのトゥインゴぐらいだろう。もちろん過去には数は多くはないが採用されていたモデルが存在する。今回は国産車に絞って紹介しよう。

1)スバル・サンバー

 農道のポルシェとしてお馴染みのサンバー。ほかの軽トラがFR(正確にはフロントミッドシップ)を採用するなか、唯一RRにこだわり続けた。スバル360のコンポーネンツを流用して誕生したというのも、すでに他車に対して希有なこと(ほとんどがボンネットバンからの進化でFR)。

RR

 荷台のフロア高が上がったり、アクセルワイヤーが長くなるなどのというハンディもあったが、エンジンがリヤにあるとドライバーの疲労も少ないことから、スバルはこだわり続けた。またベースを同じくするドミンゴももちろんRRだ。

2)三菱 i

 突如として現れ、久々のRR復活と騒がれたのが三菱のi。フロントにエンジンがないとパッケージングに有利になるし、サスペンション技術も進化してRRの弱点であるテールハッピーもある程度抑えられるようになったことに加えて、EV化も見据えての採用だった。ただし、厳密に言うと、エンジンの中心はリヤ車軸の前にあり、ミッドシップとなる。

RR

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです