メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

韓国小説「82年生まれ、キム・ジヨン」 異例のベストセラー

「82年生まれ、キム・ジヨン」の著者、チョ・ナムジュさん(C)MINUMSA

 君にお金を稼いで来いなんて言わないから--。韓国で社会現象を巻き起こした小説「82年生まれ、キム・ジヨン」。女性の社会性を否定する何気ない夫の言葉が、仕事と育児のはざまで悩む妻をいらつかせる。この小説の日本語版が出版されると、たちまちベストセラーに。なぜなのだろうか。【庄司哲也】

 原作は韓国の作家、チョ・ナムジュさんが2016年に発表し、売り上げは100万部を超えた。主人公の名前は、韓国で1982年に生まれた女性の中で一番多い「キム・ジヨン」。ソウル郊外で3歳年上の夫と1歳の娘と暮らす。出産後、退職を余儀なくされ、育児に追われる中、精神を病んでしまう。彼女の心を崩壊させたものは--。

 日本語版(筑摩書房、斎藤真理子さん訳)は昨年12月に刊行された。発売4日で3刷が決定し、東京都内の大型書店で品切れが続出した。アジア文学としては異例の6刷6万7000部(2月1日現在)が発行されている。

この記事は有料記事です。

残り2592文字(全文2990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです