メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

呼吸リハビリで肺疾患治療 患者の自己管理力アップ

 低下した呼吸機能の回復を目指す呼吸リハビリテーションは、肺などの病気をした患者が自立した生活を送るのに不可欠だ。結核予防会複十字病院(東京都清瀬市)は、10年以上かけてゆっくり進行する「肺MAC症」の治療に、比較的軽症の段階から呼吸リハビリを組み合わせている。長く病気と付き合う患者の自己管理力を高めるのが狙いで、今後、治療上の効果を検証したいとしている。

この記事は有料記事です。

残り1270文字(全文1449文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです