メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済NEWS

「ハラル認証」和菓子輸出 マレーシアに大福、わらび餅 中札内の「とかち製菓」 /北海道

 中札内村の「とかち製菓」が、イスラム教の戒律に沿う「ハラル認証」を取得した大福やわらび餅を、イスラム教徒(ムスリム)の多いマレーシアに輸出している。駒野裕之社長(46)は「十勝産の小豆を使った和菓子を、宗教に関係なく多くの人に食べてほしい」と意気込む。

 来日したムスリムの知人を菓子店に連れて行った際、原材料が分からず買うのをためらっている姿を見て、駒野社長が製品開発を思い立った。

 ムスリムが摂取できない豚肉やアルコールをそのまま使う和菓子は少ないが、原材料に成分が含まれることが…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文690文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 韓国、文大統領の支持率40%に下落 就任以降最低

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです