メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

19年度当初予算案 一般会計9355億円(その1) 復興進み1.9%減 建設事業費が縮小 /岩手

 県は6日、総額9355億200万円の2019年度一般会計当初予算案を発表した。前年度比1・9%減(178億4600万円減)。東日本大震災からの復旧・復興が進み、道路や災害公営住宅の建設に充てる普通建設事業費が縮小したことなどが影響した。震災分を除いた通常分は6660億6100万円で、0・4%減(23億8000万円減)。13日開会の県議会2月定例会に提出する。【藤井朋子】

この記事は有料記事です。

残り1781文字(全文1968文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです