メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

「風化を防ぎ記憶を後世に」 東北芸工大院生・金洸志さん、被災地の慰霊碑500基行脚し卒業作品 /山形

徒歩と自転車で17年7月から

 東日本大震災の被災地を徒歩と自転車で回った東北芸術工科大(山形市)の大学院生が、500基の慰霊碑を記録して作品にまとめ、同大で6日に始まった卒業制作展に出展した。地元住民の話を踏まえた建立の背景、写真などを短文投稿サイト「ツイッター」に投稿してきたものを展示作品とした大学院2年の金(きん)洸志(こうし)さん(24)は「風化を防ぎ、記憶を後世につなぎたい」と話している。11日まで。

 岩手県大船渡市出身の金さんは高校1年の時に震災を経験し、自宅は半壊して父が住職を務める寺は浸水した…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文746文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
  5. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです