メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おちない噺

全盲の落語家・桂福点さん、県内初披露 駅での転落防止訴え 名古屋で10日 /愛知

 全盲の落語家、桂福点さん(50)=大阪市東淀川区=が10日、駅での転落防止を訴える創作落語「おちない噺(はなし)」を名古屋市中区で口演する。目の不自由な友人が転落事故で死亡したのを機に作った作品で、県内では初披露となる。

 事故は2016年に起き、福点さんは翌年、友人の遺族や転落して大けがをした人、鉄道事業者から聞き取るなどして、作品に仕上げた。障害の有無に関係なくバリアフリー…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです