メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

一般教書演説 米朝再会談、ベトナムで27・28日

演説前、ペロシ米下院議長(右)と握手するトランプ大統領。ペロシ氏の隣はペンス副大統領=ワシントンの連邦議会で5日、AP

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は5日夜(日本時間6日午前)に連邦議会の上下両院合同会議で行った一般教書演説で、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との2回目の首脳会談について「2月27、28日にベトナムで再び会う」と表明した。「やるべきことは多く残っているが、私と金氏の関係は良い」と述べ、北朝鮮の非核化を巡るトップ交渉に自信を見せた。また、2020年大統領選での再選に向け、公約であるメキシコ国境の壁建設について「私が建設する」と改めて強い意欲を示した。

 トランプ氏は演説で「大胆な新しい外交の一環として、朝鮮半島の平和に向けた歴史的前進を続ける」と強調…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1047文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  3. 「100円で150円カフェラテ」62歳男性を不起訴処分 福岡
  4. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分
  5. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです