メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賃金構造基本統計

総務省が調査 「お手盛り」批判、厚労省から変更

 政府は6日、厚生労働省の「賃金構造基本統計」で起きた不正問題の調査・検証を総務省行政評価局のプロジェクトチーム(PT)が行うと発表した。厚労省の「毎月勤労統計」の不正調査では、同省が外部有識者抜きで職員への聴取をしていたことなどが判明し、「お手盛り調査」との批判が出ている。実施主体を総務省にして、中立性や客観性の確保をアピールする狙いがある。

 安倍晋三首相は6日の参院予算委員会で「統計値の問題というより、行政のやり方にむしろ大きな問題があった。不適切な取り扱いの経緯や原因をよく調べさせ、再発防止に万全を期したい」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り1122文字(全文1388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです