メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

トランプ氏に焦り 壁建設へ融和装う 米一般教書演説

米連邦議会の上下両院合同会議で一般教書演説を行うトランプ大統領(右手前)=ワシントンで5日、ロイター

 トランプ米大統領は5日の一般教書演説で、最大の公約であるメキシコとの「国境の壁」建設への執着を示す一方、野党・民主党との妥協点を探る考えも明らかにした。日程を発表した米朝首脳会談では、合意内容に確信のないまま「開催ありき」で突っ走る姿勢が鮮明になった。共通して見えるのは、ロシア疑惑や人事の混乱で体力を奪われ、「戦利」に焦る姿だ。

 「我々は数十年におよぶ政治的行き詰まりを打破できる」。トランプ氏の80分以上に及んだ演説では随所に、民主党に協力を呼びかける表現がちりばめられた。

この記事は有料記事です。

残り2174文字(全文2414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです