メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
クローズアップ2019

トランプ氏に焦り 壁建設へ融和装う 米一般教書演説

米連邦議会の上下両院合同会議で一般教書演説を行うトランプ大統領(右手前)=ワシントンで5日、ロイター

 トランプ米大統領は5日の一般教書演説で、最大の公約であるメキシコとの「国境の壁」建設への執着を示す一方、野党・民主党との妥協点を探る考えも明らかにした。日程を発表した米朝首脳会談では、合意内容に確信のないまま「開催ありき」で突っ走る姿勢が鮮明になった。共通して見えるのは、ロシア疑惑や人事の混乱で体力を奪われ、「戦利」に焦る姿だ。

 「我々は数十年におよぶ政治的行き詰まりを打破できる」。トランプ氏の80分以上に及んだ演説では随所に…

この記事は有料記事です。

残り2198文字(全文2414文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです