メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
社説を読み解く

日露平和条約交渉 領土問題の進展危ぶむ=論説副委員長・及川正也

北海道・根室半島の納沙布岬(手前)沖に浮かぶ歯舞群島(中央)=2019年1月30日、本社機「希望」から

毎日 ロシアペースだ/朝日 出直しが必要/日経 前のめりの首相

 日露平和条約の締結に向け、安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領が昨年11月、1956年の日ソ共同宣言を基礎に交渉することを確認してから3カ月になろうとしている。焦点である北方領土問題の解決に安倍首相が強い意欲を示し、この間、3回にわたって首脳会談を重ねたが、具体的な進展は見えていない。

 日ソ共同宣言は、平和条約締結後に歯舞(はぼまい)群島と色丹(しこたん)島を日本に引き渡すと明記して…

この記事は有料記事です。

残り2157文字(全文2382文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです