メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

出自を知る権利考える=吉村泰典・慶応義塾大学名誉教授

吉村泰典・慶應義塾大学名誉教授

 わが国では過去70年以上にわたって大きなトラブルもなく精子提供による人工授精(AID)が施行され、おそらく2万人前後の子どもが生まれ育ってきた。これまでは精子提供に関する匿名性の原則により、子どもの出自を知る権利は行使できない状況にあった。

 しかし、家族に子の出生に関する秘密が存在することによって、親子の緊張関係や親子関係の希薄さが生じる可能性がある。子は親が何かを隠していることに気付き、親子の信頼関係が成立しなくなる危険性があることが指摘されるようになった。

 今や個人の遺伝情報は簡単に調べられる時代になり、子どもが親子関係に疑問を持った時、自分でDNA鑑定を行うかもしれない。精子や卵子の提供を受けて子をもうけた夫婦が、実子という戸籍上の記載を隠れみのとして子どもに真実を告げずに済む時代ではなくなっている。

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1275文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 桜を見る会 地元で幅広い募集 麻生氏の首相時代は?「あ、り、ま、せ、ん」予算委答弁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです