メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

出自を知る権利考える=吉村泰典・慶応義塾大学名誉教授

吉村泰典・慶應義塾大学名誉教授

 わが国では過去70年以上にわたって大きなトラブルもなく精子提供による人工授精(AID)が施行され、おそらく2万人前後の子どもが生まれ育ってきた。これまでは精子提供に関する匿名性の原則により、子どもの出自を知る権利は行使できない状況にあった。

 しかし、家族に子の出生に関する秘密が存在することによって、親子の緊張関係や親子関係の希薄さが生じる可能性がある。子は親が何かを隠していることに気付き、親子の信頼関係が成立しなくなる危険性があることが指摘されるようになった。

 今や個人の遺伝情報は簡単に調べられる時代になり、子どもが親子関係に疑問を持った時、自分でDNA鑑定…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1275文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  4. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟
  5. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです