メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
日米地位協定

説明変更 外務省HP「国際法」表記を削除 河野氏「趣旨変わらず」

日米地位協定に関する外務省の説明

 河野太郎外相は6日の参院予算委員会で、1960年の発効から一度も改定されていない日米地位協定に関する外務省ホームページ(HP)の説明を変更したことを明らかにした。在日米軍に日本の国内法が適用されない根拠について、従来挙げていた「国際法」の表記を先月、削除した。ただ、河野氏は「政府の考え方に変更はない」と強調。国民民主党の大塚耕平氏は米軍にも国内法を順守させるよう求めた。【朝日弘行】

 外務省が説明を変更したのは同省HP内の「日米地位協定Q&A」の一部。従来は在日米軍に対し「一般国際…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1073文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです