メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 豊島将之王位-広瀬章人竜王 第33局の3

長考の応酬

 昼下がりの棋士室に菅井竜也七段が訪れ、継ぎ盤で検討を始めた。あまりにも早い進行に「終盤が近い」と声が上がる。

 豊島は強く[先]4三角と打ち込んだ。[後]同金[先]同歩成[後]同角は[先]4四歩と打ち、(1)[後]6五角の飛車取りには構わず[先]4三銀と詰めろをかけて好調。(2)[後]7八銀成[先]同玉[後]8七角打[先]6八玉[後]6五角上と迫られる順にも[先]4三銀と打ち込み、[後]同角[先]同歩成[後]同角成にもう一度[先]4四歩と打つ手があり、後手芳しくない。「消去法でした」と広瀬。70分に及ぶ長考で[後]8…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです