メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石炭火力発電所

包囲網 CO2規制、採算性悪化

主な石炭火力断念の動き

 石炭火力発電所の計画断念が相次いでいる。二酸化炭素(CO2)排出量を抑制する環境対策で建設コストが膨らむ一方、太陽光など再生可能エネルギーの導入拡大で稼働率の低下も予想され、投資資金の回収が困難になりつつあるためだ。世界的に「脱炭素」の機運が高まっており、石炭火力に対する包囲網が狭まっている。【浅川大樹】

 「事業リスクに見合う十分な事業収益を見込むことが困難と判断した。(石炭火力が)つくりづらくなってい…

この記事は有料記事です。

残り1410文字(全文1614文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  4. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです