メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石炭火力発電所

包囲網 CO2規制、採算性悪化

主な石炭火力断念の動き

 石炭火力発電所の計画断念が相次いでいる。二酸化炭素(CO2)排出量を抑制する環境対策で建設コストが膨らむ一方、太陽光など再生可能エネルギーの導入拡大で稼働率の低下も予想され、投資資金の回収が困難になりつつあるためだ。世界的に「脱炭素」の機運が高まっており、石炭火力に対する包囲網が狭まっている。【浅川大樹】

 「事業リスクに見合う十分な事業収益を見込むことが困難と判断した。(石炭火力が)つくりづらくなってい…

この記事は有料記事です。

残り1410文字(全文1614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです