メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンクG

営業益1.8兆円に ファンド好調、61%増 18年4~12月

ソフトバンクグループの概要

 ソフトバンクグループ(SBG)が6日に発表した2018年4~12月期の連結営業利益は、前年同期比61・8%増の1兆8590億円で、この期間として過去最高となった。世界の先端企業に投資する「ビジョン・ファンド」の利益が前年同期比3・4倍になり、貢献した。最終(当期)利益は前年同期比51・6%増の1兆5383億円だった。ただ、中国経済の減速懸念や、国内では政府からの携帯電話料金の値下げ圧力があり、今後の先行きは見通しにくい。【森有正、和田憲二】

 ビジョン・ファンドの営業利益は8087億円で、事業別で最も多くの利益を稼いだ。ただ、ファンドを通じて株を保有していた米半導体大手エヌビディアは、中国向けのゲーム用のパソコンなどで使われる画像処理のための半導体(GPU)が振るわず、昨年末に株価が急落した。6日の決算会見で、孫正義会長兼社長は「株価は下がったが、リスクを軽減するデリバティブ取引もし、損失を抑えた」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです