メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第68期王将戦

第3局 渡辺、厳しい攻め

 久保利明王将(43)に渡辺明棋王(34)が挑戦し、栃木県大田原市のホテル花月で始まった第68期王将戦第3局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大田原市など後援、囲碁・将棋チャンネル協賛)は6日午後6時1分、久保が54手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち、消費時間は、渡辺2時間51分、久保4時間38分。7日午前9時に再開する。

 渡辺が連勝して迎えた第3局。久保は3局連続で中飛車を選択したのに対し、渡辺は2枚の銀を前線に繰り出す急戦策で対抗。午後3時すぎに渡辺は、30分近く考えて4五桂(35手目)と先に戦いを仕掛け、桂馬を交換した後、9三歩(51手目)から久保の香車をつり上げて端に嫌みを付けた。渡辺が銀交換を挑んだ局面で封じ手の時間となった。第2局まではじっくりした展開だったが、本局は早くも勝負どころを迎えた。

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文1116文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです