メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同意ない買収、株主共感広がるか 敵対的TOB、少ない成立例

国内の敵対的TOBの結果

 スポーツ用品大手デサントが筆頭株主の伊藤忠商事による株式の公開買い付け(TOB)に反対したことで、国内の大手企業同士では異例の敵対的TOBに発展した。国内で敵対的買収が成功したケースは少ない。当事者同士の合意のない買収に他の株主の共感が広がるか注目される。

 M&A(企業の合併・買収)助言会社「レコフ」によると、1985年以降、国内で敵対的TOBで経営の支配権を握ったのは、独製薬大手ベーリンガーインゲルハイムがエスエス製薬の筆頭株主になった事例(2000年)など数件に限られている。05年にライブ…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです