メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最高エネルギー宇宙線を探れ 巨大施設「テレスコープアレイ」拡張始まる 米ユタ州

組み立てが終わり、予定地に設置されるのを待つ地表検出器。手前は設置準備を進める研究者たち=米ユタ州デルタで2019年2月5日、須田桃子撮影

 【デルタ(米ユタ州)須田桃子】宇宙から飛来する非常に高いエネルギーを持った粒子「最高エネルギー宇宙線」を観測する巨大施設「テレスコープアレイ(TA)」の拡張工事が米ユタ州で始まる。米政府機関閉鎖の影響で手続きが遅れ、研究者をやきもきさせたが、米国の土地管理局が今月、土地の利用を許可した。TA実験は日米韓など6カ国による国際共同研究で、今回の拡張に伴う主な費用約5億円は日本が負担する。現地では地表に設置する粒子検出器の組み立て作業が着々と進んでいる。

 ユタ州の州都ソルトレークシティーから南南西に約200キロの小さな町デルタ。TA実験の拠点の一つ「宇…

この記事は有料記事です。

残り1084文字(全文1361文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  2. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  3. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 全国高校eスポーツ選手権 大黒柱はLOL初の高校生プロゲーマー 初代王者狙う学芸大付国際

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです