メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最高エネルギー宇宙線を探れ 巨大施設「テレスコープアレイ」拡張始まる 米ユタ州

組み立てが終わり、予定地に設置されるのを待つ地表検出器。手前は設置準備を進める研究者たち=米ユタ州デルタで2019年2月5日、須田桃子撮影

 【デルタ(米ユタ州)須田桃子】宇宙から飛来する非常に高いエネルギーを持った粒子「最高エネルギー宇宙線」を観測する巨大施設「テレスコープアレイ(TA)」の拡張工事が米ユタ州で始まる。米政府機関閉鎖の影響で手続きが遅れ、研究者をやきもきさせたが、米国の土地管理局が今月、土地の利用を許可した。TA実験は日米韓など6カ国による国際共同研究で、今回の拡張に伴う主な費用約5億円は日本が負担する。現地では地表に設置する粒子検出器の組み立て作業が着々と進んでいる。

 ユタ州の州都ソルトレークシティーから南南西に約200キロの小さな町デルタ。TA実験の拠点の一つ「宇…

この記事は有料記事です。

残り1084文字(全文1361文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです