メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミズクラゲ大量培養に成功、大幅な労力削減に期待 山形・加茂水族館

ミズクラゲの幼生を培養する特殊な水槽=山形県鶴岡市立加茂水族館で2019年1月11日、喜屋武真之介撮影

 クラゲ展示種類数世界一の山形県鶴岡市立加茂水族館が、メインの巨大水槽(直径5メートル)で展示しているミズクラゲをきれいな状態で安定的に大量培養することに成功した。円柱形の水槽に改良を加えて赤ちゃんクラゲ用に使うことで、飼育作業中にクラゲの体が傷つくことを防げるようになり、設計した奥泉和也館長(54)は「シンボルの巨大水槽に一番手間がかかっていただけに、大幅な労力削減により、他の企画展示や研究の充実も期待できる」と話している。【二村祐士朗】

 ミズクラゲは日本近海を含む世界各地の温暖な海に広く分布し、国内外の多くの水族館で展示されている。最…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1125文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  4. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に
  5. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです