メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上養殖のトラフグ、首都圏に初出荷 山口・長門

首都圏への陸上養殖トラフグを積んで出発するトラック=山口県長門市三隅下で2019年2月4日午前10時5分、遠藤雅彦撮影

 山口県長門市の安藤建設の陸上養殖トラフグ「長州極純淡麗 大吟雅(だいぎんが)とらふく」が4日、首都圏に初出荷された。JR西日本の水産物ブランド「PROFISHプレミアムオーガニックフィッシュ」認証を受けており、東京・日本橋の百貨店などで9日から刺し身やフグ鍋用として販売される。

 安藤建設は約10年前から、同市三隅下で日本海の海水を使い、年間約4万匹のトラフグを養殖している。…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 佐世保に仮面ライダー現る 1号と2号? 果たしてその正体は…

  4. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

  5. 菅首相の声だけ流れる「グループインタビュー」はなぜ行われたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです