陸上養殖のトラフグ、首都圏に初出荷 山口・長門

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
首都圏への陸上養殖トラフグを積んで出発するトラック=山口県長門市三隅下で2019年2月4日午前10時5分、遠藤雅彦撮影
首都圏への陸上養殖トラフグを積んで出発するトラック=山口県長門市三隅下で2019年2月4日午前10時5分、遠藤雅彦撮影

 山口県長門市の安藤建設の陸上養殖トラフグ「長州極純淡麗 大吟雅(だいぎんが)とらふく」が4日、首都圏に初出荷された。JR西日本の水産物ブランド「PROFISHプレミアムオーガニックフィッシュ」認証を受けており、東京・日本橋の百貨店などで9日から刺し身やフグ鍋用として販売される。

 安藤建設は約10年前から、同市三隅下で日本海の海水を使い、年間約4万匹のトラフグを養殖している。…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

あわせて読みたい

注目の特集