メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刑法犯16年連続減少 サイバー犯罪摘発は過去最多

刑法犯認知件数と検挙率の推移

 警察庁は7日、全国の警察が昨年1年間に認知した刑法犯は81万7445件(暫定値)で、戦後最少を更新したと発表した。16年連続の減少で、ピーク時の3割を下回る水準。同庁は、防犯カメラの普及をはじめ、車や住宅の防犯性能が向上した効果とみている。

 刑法犯認知件数は、2002年の285万3739件をピークに減少に転じ、15年以降は4年連続で戦後最少を更新した。警察庁幹部は「件数が多かった自転車の窃盗やひったくり、自販機荒らしなど街頭での犯罪が減り、特殊詐欺やサイバー犯罪に移行している」と…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声
  3. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです