メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炉内のデブリ「指」でつかめ 福島第1・2号機 13日から初の接触調査

接触調査のため、2号機原子炉格納容器に投入される機器=横浜市鶴見区の東芝エネルギーシステムズで2019年1月28日、鈴木理之撮影

 東京電力は7日、福島第1原発事故で炉心溶融(メルトダウン)した2号機で、13日に原子炉格納容器内に特殊な機器を入れて溶融燃料(燃料デブリ)に直接、触れる初の接触調査を実施すると発表した。大きさや硬さといった性状からデブリを動かせるか確認し、本格取り出しに向けた技術開発に役立てる。

 調査では作業用の配管から、カメラ付き機器(全長約30センチ)を先端に取り付けた伸縮式のパイ…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 「足立区滅ぶ」LGBT差別発言の区議が本会議で謝罪 「傷ついた全ての方に心からおわびします」

  4. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです