ラグビー関係者がALS治療研究支援の募金活動開始 伝説的ラガーマンの遺志継ぎ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ALS治療研究への支援を呼びかけるラグビー元日本代表の広瀬俊朗さん=東京都千代田区の日本記者クラブで2019年2月7日午後2時7分、谷口拓未撮影
ALS治療研究への支援を呼びかけるラグビー元日本代表の広瀬俊朗さん=東京都千代田区の日本記者クラブで2019年2月7日午後2時7分、谷口拓未撮影

 全身の筋力が徐々に低下する難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」で亡くなった伝説的なラガーマンの遺志を継ぎ、元ラグビー日本代表主将の広瀬俊朗さん(37)を含むラグビー関係者らが7日、治療研究を支援する募金活動「チャレンジJ9」を始めた。9月20日開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会決勝のある11月2日まで寄付を募る。

 伝説的なラガーマンとは1995年のW杯で南アフリカ代表のスクラムハーフ(SH)として開催国優勝に貢献し、2017年にALSのため45歳で亡くなったユースト・ファンデルベストハイゼンさん。08年にALSを発症後は選手時代の背番号などにちなんだ「J9基金」を設立し、治療研究を支援した。その思いに応えようと、W杯開催を契機に募金活動をすることになった。東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見した広瀬さ…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文556文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集